アドセンス(AdSense)が表示されない原因がアドセンスの仕様変更だった - セブンおやじ

セブンおやじ

つれづれなるままに

よもやま話

アドセンス(AdSense)が表示されない原因がアドセンスの仕様変更だった

スポンサーリンク

たぶん今年に入ってからだと思うけど、アドセンスが表示されたり表示されなかったり、ブラウザをリロードして表示されてもすぐに表示されなくなったり、ページの一部のアドセンスだけが表示されかったり。

ポリシー違反とか警告は全くないのにアドセンスの表示が不安定なんで、JSの非同期設定のせいかな、いやそもそも今のアドセンスはレスポンシブだと非同期コードしかないしな、なんて悩んでたところ、ヘルプフォーラムにたどり着きました。

広告の表示が不安定な原因は何なんでしょうか?

これによると、昨年の12月にアドセンスのブランドプロテクションと呼ばれる仕様変更が行われ、

AdSenseのクローラーがURLの解析を行なった後に広告を配信するように変更になりました

とのこと。なるほど。。しかも今のところAdSenseヘルプセンターにはブランドプロテクションに関する明確な記述はなく、上記リンクのフォーラムのみが検索されます。

Googleの公式情報が検索できないのであくまで推測の域は出ないのですが、アドセンス非表示の原因がブランドプロテクションと仮定すると今の自分の状況に非常に合致するので、簡単にまとめてみました。

ブランドプロテクションとは?

裏返していうと、クローラーが訪れないURLには広告を配信しない、となります。具体的には、

◇アクセスのない古いページ
◇長い間更新されていないページ
◇新しくても価値がなくアクセスがほとんどないページ

が対象になると考えられます。
つまり今まではAdSenseポリシーに違反しないサイトであれば無条件に広告が配信されてましたが、これに加えて、

読まれないページには広告配信しないよ

ってポリシーが加わったことになります。

ま、ある意味当然っちゃ当然ですね。アドセンスもクリック型広告とはいえ、最終的にコンバージョン(購入)につながることを広告主もGoogleも期待しているわけで、なんとなーくクリックされるのをできるだけ排除する方向に動いているってとこでしょう。

スポンサーリンク

自分のサイトのアドセンス表示率を確認するには?

したら、まずは自分のサイトでどれくらいアドセンスが表示されているか(されていないか)確認したいですよね。

アドセンスにログインして

パフォーマンスレポート > カスタムタブを追加(+をクリックします)

カスタム指標グループが表示されるので、広告の表示回数とカバレッジをチェックして保存しましょう。これにより、表示回数が多くてもカバー率が低いサイト=古い記事が多かったりロングテールで読まれない記事が多いサイトをあぶりだすことができます。

保存したら、詳細なサポート > 確認済みのサイトに移動し、カスタムタブに切り替えます。
自分のサイトを晒すと、

このサイト seven.irodorinet.com は広告の表示回数が346回でカバレッジ(カバー率)が90.16%ですが、このサイトより表示回数の多い2サイトは、表示回数が多い順に、76.20%、89.92%のカバー率となってます。

明確な指標はないと思いますが、ちゃんとアクセスがあるサイトはほぼ100%に近いはずです。

なんかもう、身に覚えありすぎてすみません!って感じですね。。

ブランドプロテクション対策をしないとどうなる?

ほったらかしといてもペナルティが来るわけじゃなく、調べて対策すんの大変そうだからどうせアクセス少ない記事はほっといてもいいんじゃ?

とも思えますが、ほったらかしの弊害として

◇スポンサーリンクのラベルだけが表示されて広告スペースが真っ白=変なサイト、怪しいサイトって思われるかも
◇今のところはSEOに関係ないと思うけど、カバレッジの低いサイト=評価の低いサイトってことになるんじゃ

ってとこですか。

ブランドプロテクションの対策方法は?

以上を踏まえると、

◇新規記事の追加
◇既存記事のリライト
◇古い記事・読まれない記事の統合
◇上記3点を踏まえたサイト構成や内部リンクの見直し

になるかと思います。少なくともアドセンスだと記事量産だけではだめで、いかにサイトの質を上げるかに注力する必要があるってとこですかね。

それと合わせてサイトスピードは必ず確保しておきたいことです。
昔は3秒ルールって言いましたが、クリックしてから3秒以内にレスポンスがないと離脱の可能性が飛躍的に高まります。

アドセンスコードも標準でSSL,非同期なのも踏まえると、サイトのSSL化+速度改善は待ったなしじゃないかと。

アドセンスに向いたジャンル

上記を踏まえると個人的見解ですが、今後は

ストック型

の普遍的知識や情報、ノウハウ提供型サイトのほうがよりアドセンス向いてるんじゃないかなって思います。

逆にトレンドサイトは厳しいのかな。例えば昔の芸能人ネタってリライトや統合のしようがないよね。
ニュースサイトにも負けないくらいの記事更新できるなら別かもだけど。

あとは製品や価格のライフサイクルが短い分野。半年前の情報が古くてアクセスない=アドセンス表示されないってなると、アフィリエイトに特化したほうがいい気もするし。

いずれにせよ、記事を書く!が正義なのだけは間違いないです。自戒を込めて。


-よもやま話
-, , , ,

[juiz_sps buttons="pinterest, viadeo, mail, bookmark"]
このボタンをクリックすると記事タイトルとURLがコピーされます。
メールやメモ帳などに貼り付けてご利用ください。

TOP