アルバイト 新宿某デパート -その2- - セブンおやじ

セブンおやじ

つれづれなるままに

よもやま話

アルバイト 新宿某デパート -その2-

2017/03/21

スポンサーリンク

’こんなに忙しい時に本当にすみません。助かりました。私も時間がないので、控え伝票は後日取りに伺います。これお礼の気持ちなんで受けっとって下さい。’

と1万円!を俺に差し出した。

’受け取れません。’

’困ります。本当に感謝してるんです。お願いします。’

’本当に困ります。’

’お願いです。’

何度かやり取りしたが、頑として言う事を聞いてくれない。

これで客の機嫌を損ねるのも変な話だし、ある考えが頭に浮かんだ。

’分かりました。そこまでおっしゃるなら。ありがとうございます。’

’じゃこれ代金。レシートとかはいいから。よろしくお願い。’

といって足早に去っていった。。。

その時ふと分かった。銀座のママさんだ。。。宛名に社長とか多かったし。

で売り場に戻ると、

’どこいってたの!!!(╬゚◥益◤゚) ’

チーフが鬼だ。゚(゚´Д`゚)゚。

言い訳する間もなく、ひたすら客をさばいたとさ。

 

2~3日後、そのお客がやって来ました。

’この前は本当にありがとう。助かったわ。’

’これがレシートと伝票の控えです。’

’ありがと。またね。’

小さい袋に入った伝票と1万円をカバンに入れると、そのまま立ち去った。

そう、どうしても受け取る気にはならなかったのだ。

大金だし、1万円稼ぐのがどれだけ大変か身に染みてたし、その方も決して悪気はなく、本心から申し出てくれてるは分かっていた。

でも受け取る気はなかったのだ。全く。何かプライドが許せなかった。

大学の先輩に

’あめーよ、お前。世の中そんな甘くねーぞ。もらっときゃ良かったのに。’

って散々言われたけど。その時はそう思えなかった。若かったからかな。

今はどうだろう。そんなことないけど、わかんないよ。。。


-よもやま話
-,

[juiz_sps buttons="pinterest, viadeo, mail, bookmark"]
このボタンをクリックすると記事タイトルとURLがコピーされます。
メールやメモ帳などに貼り付けてご利用ください。

TOP