アルバイト 警備員 -その5- - セブンおやじ

セブンおやじ

つれづれなるままに

よもやま話

アルバイト 警備員 -その5-

2017/03/21

スポンサーリンク

’キュル、キュル・・’

’キュ・・・’

車のエンジンかからんやんけ( ̄▽ ̄;)

でも焦ることはない。きっとバッテリだろ。

電話も何もないが、幸いここは山の上で坂道だけはいっぱいある。

’押しがけだ!’

運転席のドアを空けて左手をハンドル、右手を窓枠にかけて、車を押す。

惰性で車が動きだしたら運転席の飛び乗り、ギヤを2速に入れてクラッチをつなぎながらアクセルを吹かす(1速じゃないのがポイント)。

’ウオォン!’

一発!かかったね。相方を乗せて状況を説明し、念のためその場で一分くらい空ぶかし。

大体エンジン回転数が3000rpm以上であればオルタネーター(発電機)からバッテリーに充電されるのだ!

オルタネーター故障だったら充電できないどころか走ってもすぐ止まっちゃうけどね(-_-;)

’少しは電気たまったかな。ま、万が一でもエンストしないように帰りますよ。’

’どうせ山道空いてるからエンジンブン回して帰れば?’

’じゃ事故らない程度に(笑)’

押しがけとか車の仕組みの説明はいいかな。。。オートマ車全盛の今じゃ関係ない話だろうし。

 

なんとか無事事務所に帰着。

’社長、バッテリあがって大変でしたよ。’

’悪い悪い、最近かかり悪かったんだよね。。’

’でも押しがけで帰るなんざさすがだね。’

’遠くて疲れただろうから、今日はうち泊まってけ。’

’いいんですか?確か最近結婚したんじゃ。’

’構わないよ。嫁さん若いから(^O^)’

 

奥さん若いのが泊まるのに何の関係あるか分からんが、自慢したいのかな。。

社長たしか50才台後半くらいだったけど。。。

 


-よもやま話
-, , , , , , ,

[juiz_sps buttons="pinterest, viadeo, mail, bookmark"]
このボタンをクリックすると記事タイトルとURLがコピーされます。
メールやメモ帳などに貼り付けてご利用ください。

TOP