アルバイト 警備員 -その3- - セブンおやじ

セブンおやじ

つれづれなるままに

よもやま話

アルバイト 警備員 -その3-

2017/03/21

スポンサーリンク

当時弟は神戸の大学、私は東京の大学だったのですが、仲良かったので夏休みとかは弟の下宿に転がり込んで1ヶ月くらいの短期バイトしながらよく遊んでた。

バイト先の会社は神戸の西区にあり、タコで有名?な明石市の隣。

ある日事務所で社長が

’君車の運転得意だよね?’

’ま、普通に運転できますけど。’

実は貧乏学生だったので、東京から高速道路を使わずに全て一般道で神戸に来てたのだが、誰かからその話を聞いたみたい。

 

ちなみに東京から神戸へは、夜8時に多摩を出て弟の下宿に着いたのが朝8時。

総走行距離が確か770km、トイレ以外ノンストップで走って丁度12時間。

我ながらよく走ったな。。今じゃ絶対無理だけど。

 

’明日三田の現場あるんだけど、遠いから事務所の車運転して行ってくんない?’

’わかりました。’

兵庫県の地理なんて分かんないよ。三田ってどこ?(・ω・ )

’有馬温泉抜けて三田市を抜けてさらにその奥の山の中だけどさ。’

’地図書いとくから。行くのはそんなに難しくないよ。’

’はい。’

’でも片道3時間近くかかると思うから、明日朝5時には事務所来て。’

 

(゚д゚)!そんな遠いの・・・

 

次の日早速出発。朝早いせいか車もいないし、信号もほとんどない・・・

有馬温泉の峠を抜けてひたすら走る。。ホントに野を超え山を超えって感じ。

渋滞ないから快調に走れるけど、遠いな。。

8時くらい前に着いて8時半から現場に入る。

山奥の幹線道路っぽい峠道から一本脇道の片側通行の現場。

’すごい山の中だな。。こんなとこ車通んないだろ。。’

ただ片側通行の両端がすごく離れてて目視できない。

相方を下ろして片側通行の反対側まで車で移動。結構な上り坂。

オンボロ軽自動車だからエンジン悲鳴上げてるよ。。

入口について無線確認。

 

’聞こえますか?’

’あー。問題ないよ。田舎の山の上だから電波いいかもね。’

’今日は暇そうですね。’

’天気いいし、のんびりやるべ。’

 

確かにいい天気だ。車は幹線道路のほうでも10分に一台くらいしか通ってない感じ。。。

 

 

 


-よもやま話
-, , , , ,

[juiz_sps buttons="pinterest, viadeo, mail, bookmark"]
このボタンをクリックすると記事タイトルとURLがコピーされます。
メールやメモ帳などに貼り付けてご利用ください。

TOP